EPA 青魚 

EPAのある部位は青魚のどこ?

EPAは、青魚の全身に均等に含まれているか?

 

内臓を処理している青魚を見ると、
いわゆる「トロ」の部分の脂がなく、
EPAは摂取できないのかな?と心配。

 

 

EPAは全身の「身」に入っているようです。
不安なら、部位にこだわらず、魚をまるごと食べるのがいいかもしれません。
旬の油(脂)ののった青魚に一番入っています。

 

 

EPA(エイコサペンタエン酸):脂肪の部分に多い。 

 

 

EPA、刺身がおすすめ:注意点

青魚から、EPAを摂取する際の注意点としては、
なるべく生で、刺身が、おすすめとなります。

 

 

煮物や焼き魚にすると、肝心のEPAが、溶け出してしまう恐れがあります。

 

鍋で煮物、煮付けにする場合は、煮汁に栄養素のEPAが流出するため、
煮汁も全て全て飲み干す必要があります。